日本ジョイフルソフトボール連盟 

 

 



   
NAGASE.jpg
  sports共同
     
矢印
   
           

        トップページ    事業計画   参加申込書付属票(加盟票)   競技規則  審判留意点    役員名簿   会則     

 ジョイフルスローピッチソフトボールについて

平成15年2月に当時の日本ソフトボール協会役員有志が集まり、スローピッチソフトボールの普及振興について話し合いが持たれた。

当時ナガセケンコー(株)からボールの表面が柔らかい安全性の高い3号ボールが開発されたのを受けて、このボールによるスローピッチ

ソフトボールの全国大会を平成16年度中に東京で実施しようということになった。

ルールは日本ソフトボール協会普及委員会がジョイフルソフトボールの名称でアメリカのシニアソフトボールのルールを紹介していたので、

このルールを元に新たにルールを作り、名称をジョイフルスローピッチソフトボール全国大会とした。参加資格は男子59歳以上、女子50歳

以上を基本に男女混合チームや単独女子チームに45歳以上を5人まで可とするなどの特例を設け全国のソフトボール協会に呼びかけて、

第1回大会が平成17年3月に東京都江東区で女子12チーム、男子12チームの参加を得て開催された。その後埼玉、静岡、大阪等で

引き続き大会が行われアメリカや台湾のチームの参加もあり国際色も豊かになった。

2006年(平成18年)にはアメリカ・ワシントン州シアトルで第1回日米ジョイフルソフトボールチャンピオンシップが行われ、その後もフェニクス、

ラスベガスにおいても大会が開催されている。台湾においては、ジョイフル快楽盃国際国際漫速錦標賽として行われており、両大会に日本

からも参加している。中国でもシニア層を中心に健康増進の手段として、ジョイフルスローピッチソフトボールが取り入れ始められてきている。

このようにジョイフルスローピッチソフトボールは、誰でも、楽しく、安全に、いつでも、どこでも、簡単にできるスポーツです。

是非多くの地域で楽しんで頂き、各自の健康増進を図ると共に、各地域のメンバーとも友好を深めていけることを願っています。

細かなルール等は競技規則を参照願います。

*本団体名は平成26年度より「日本ジョイフルソフトボール連盟」と名称を変えました。

 

 

                                                                  このページのトップに戻る